住宅ローンの支払い、滞納、競売でお悩みの方はnkhomesにお任せください。任意売却に実績を持つ専門スタッフがお客様のお悩みを解決いたします。

  • 任意売却とは?
  • 支払いが遅れている
  • 会社選び
  • 売却の流れ
  • メリット・デメリット
  • Q&A
  • 売却期間
  • 支払いが不安

メリット・デメリット

任意売却の場合

メリット
① 市場価格(一般の相場)にて売却が可能

② 近隣に知られずに売却が可能

③ 費用負担がほとんど無い

④ 引っ越し費用の捻出が可能(債権者の認める費用+α)

⑤ 計画的に進められるため、再建スケジュールが立て易い(条件を指定して引越が可能)

⑥ 滞納税金などの差押えがある場合で配当が認められた場合、優先・非免責債権である滞納税金の圧縮(減額)が可能

⑦ 債権者に対しての返済意思を示すことで、任意売却後の債務免除・債務の圧縮交渉がし易い

デメリット
競売よりも早く立ち退かなければならない。
(任意売却でも買い取りをなさる場合は競売と変わらないデメリット(多くの残債が残る)が生じます。)

競売の場合

メリット
新しい所有者が退去を通知するまでの家賃がかかりません。

デメリット
① 一般の市場価格(相場)の60%~70%で落札される。

② 自己破産や任意整理をしない限り支払いは続きます。返済意思を示さずに競売としたため、債権者は柔軟な対応をしません。

③ 連帯保証人がいる場合には、その方への請求も続きます。

④ ご家族がいる場合、競売にかけられた事が周囲に知られる可能性があります。(裁判所の公告や落札者が訪ねてきて知られる事が多いようです。)

⑤ 裁判所の公告後、入札を希望する方が自宅を訪問され、周辺に聞き込みされる場合があります。

⑥ 引越し代、税金等が全額自己負担となります。(任意売却は諸費用で認められます)

以上が任意売却と競売との比較です。ご承知の通り、債権者とあなたにとってメリットが多い方法が任意売却です。金融支援機構(旧住宅金融公庫)を始め、各債権者は任意売却を推奨しています。

nkhomesが任意売却が得意な理由・・・当社の実績はこちら

実際に当社がお手伝いしたお客様の場合・・・任意売却の事例はこちら

相談無料・秘密厳守。メールでの相談はこちら

page top