住宅ローンの支払い、滞納、競売でお悩みの方はnkhomesにお任せください。任意売却に実績を持つ専門スタッフがお客様のお悩みを解決いたします。

  • 任意売却とは?
  • 支払いが遅れている
  • 会社選び
  • 売却の流れ
  • メリット・デメリット
  • Q&A
  • 売却期間
  • 支払いが不安

今後の支払いが不安な方

返済猶予と返済期間の延長

住宅ローンの支払いが困難になった人が滞納前にやるべきことは3つ。

① 支払いが厳しいと感じたら、金融機関へ返済期間の延長の相談。

② 返済猶予の相談(税金も可能な場合がある)

これは元金の支払いを一定期間(3年間を上限とする金融機関が多い)猶予すると言うものだが、金利分は支払わなくてはいけないケースが多い。これは、猶予期間中は大幅に返済額を減らせるが、猶予期間が終われば毎月の支払い額が増え、さらに返済総額も増える。

② 返済猶予の相談(税金も可能な場合がある)

住宅ローン以外の他債務が重いために住宅ローンの支払いが困難な場合、住宅ローンが残っていても競売にかけられることを防ぐ手立てだが、いくつかの必要条件があり、手続きも複雑である。

条件1、安定した収入があること

条件2、債務総額が租税公課(税金)を除いて5000万円以下であること

条件3、債務の20%を三年間で返済可能な事


等があり、実現性のない再生計画は認められない債権者マターな再生法である。
住宅ローン部分は今まで通りの支払額を支払うが、裁判所の判断で一定期間の支払猶予と支払期間延長ができる場合がある。住宅ローン以外に担保権(抵当権等)が設定されている場合はその担保権を外さないと住宅は手放さないといけない。

以上が任意売却と競売との比較です。ご承知の通り、債権者とご所有者にとってメリットが多い方法が任意売却です。金融支援機構(旧住宅金融公庫)を始め、各債権者は任意売却を推奨しています。

nkhomesが任意売却が得意な理由・・・当社の実績はこちら

実際に当社がお手伝いしたお客様の場合・・・任意売却の事例はこちら

相談無料・秘密厳守。メールでの相談はこちら

page top